良い苗の選び方

花壇を色とりどりの美しい花できれいに飾りたいけれど、どんな花苗を選んだらよいでしょうか。

園芸店に行くとたくさんの花苗がありますが、どれも皆同じではなく花苗を選ぶ時にはいくつかのポイントがあります。

まず徒長していない苗を選びましょう。
徒長は、日照不足や肥料不足になって植物がむやみに伸びた状態のことです。
茎が長く伸びている苗と丈夫に大きく育っている苗は違います。

ここで徒長しているかどうかの見極めのポイントですが、茎から葉が出ている植物は、徒長すると葉と葉の間が長くなります。
ひょろひょろと細く伸びている苗は、元気に育っているのではなく、徒長している場合が多いので、注意しましょう。

また、花苗を見る時、花や蕾だけではなく、葉の状態もよく観察しましょう。
葉色は、植物の栄養状態を示します。
美しい緑色をしているものを選んでください。

また、下葉が枯れているものは、根がしっかりと育っていなかったり肥料不足や害虫被害を受けている、などの要因が考えられますので、下葉が落ちていたり、黄色っぽくなっていたりするものは避けましょう。
また新葉が変色していたり、斑点がついていたりする苗は病害虫におかされている可能性がありますので、気をつけましょう。

葉の大きさもポイントのひとつです。
葉の大きさがそろっていて、葉数が多い苗は、良い環境で育っていたことの証拠です。

また、良い土を使っている苗を選ぶことも大切です。
これはなかなかわかりにくいですが、堆肥やピートモスなどの有機物は軽いので、苗を持ってみて重いものは避けましょう。
同じサイズの苗を持ち比べてみましょう。

花壇に植えていた花が突然枯れて病気に侵されてしまった場合、新しく植えた植物に原因があることが多いのです。
ですからそんなことにならないためにも、これらのポイントをしっかりおさえて良い花苗を購入するようにしましょう。


ハーブ栽培

花壇もないし面倒な世話はしたくないけれど、手軽にグリーンを楽しみたいと思っている方は、ハーブはいかがでしょうか。

ハーブ栽培は、あまり手間がかからず、花壇がなくても鉢植えで室内やベランダでも育てやすい植物です。

グリーンを鑑賞できるだけでなく、香りも楽しむことができ、しかもちょっと摘んで料理やお茶にも使うことができるという利点があります。
ハーブ類は生育が旺盛なため花壇に植えると大きくなりすぎて困る場合がありますが、鉢植えに植えればちょうど良い大きさで育てることができます。
鉢を選ぶポイントですが、ハーブは加湿を嫌うものが多いので通気性の良い素焼き鉢などを選ぶと良いでしょう。

また園芸店に行けばハーブ専用の土も販売されていますが、一般の植物向きの用土で十分です。
もしご自分で配合する場合には、赤玉土:腐葉土:パーライト=6:3:1に石灰を少し混ぜたものを使ってください。

面倒な水やりですが、ハーブは乾燥を好むことから土の表面が乾いてから与えれば十分なので、忙しい人にもぴったりだと思います。

肥料もそれほど必要とせず、追肥をする時は、種まき後の伸び盛りの頃や花が咲く前などで十分です。

鉢植えは直射日光が長時間あたる所や暑くなりすぎる所、冷暖房が直接当たる所は避け、育てながら、室内で一番よく育つ場所を探してみてください。
鉢植えなら、手軽ですので色々と場所を変えることができますね。

ハーブは西欧では「雑草」でもあるそうですので、とても生命力があります。
自分でお気に入りのハーブを見つけて育ててみませんか。

多肉植物

多肉植物は、葉や茎が多肉質化して、水分を蓄えられるようになった乾燥に強い植物です。

サボテンやアロエなどが有名ですが、サボテンとその他の多肉植物とでは、園芸上分類されているようです。
多肉植物は、生長がゆっくりなので長期間姿が乱れることがなく、乾燥にも強いので頻繁な水やりは必要ありません。
そのためとても管理がしやすく、また一年中楽しむことができる植物です。

多肉植物は、簡単な管理も魅力のひとつですが、一番の魅力は、独特のぽってりとした愛らしい姿形ではないでしょうか。

ガーデニング用品店に行くと、多肉植物がそっと小さなポットに入れられて売られています。
多肉植物には変化に富んだものが多く、美しい紅葉が楽しめるものもたくさんありますが、初めて育てる人や、寄せ植えに使おうと思っている人は、丈夫で入手しやすいセダムやエケベリアなどがオススメです。

寄せ植えにする場合、多肉植物の魅力を引き出すため、器にもこだわってみませんか。
売られている鉢だけでなく、気に入った色や形のお洒落な器を使えば、インテリアとしても楽しめます。

多肉植物はとても丈夫ですが日光が大好きですので、室内で管理する場合は、日当たりの良い場所に置いてあげましょう。
1、2週間に1度は戸外に出して、風と日光に当ててやりましょう。

頻繁な水やりは必要ありませんが、乾燥に強いといっても、水がない状態の時は耐えている状態ですので、成長期の春と秋は、特にしっかり土に浸透させるように水やりしましょう。

トピアリー

ガーデニングを楽しむ人にとって、お庭のアクセントになる可愛い雑貨選びも夢中になれることのひとつですね。

ガーデニング雑貨には、色々なものがありますが、手作り感あふれる植物を人工的に形づくった造形物である「トピアリー」をアクセントにしてみてはいかがでしょうか。

最近では、ガーデニング用品のお店で、色々な種類のトピアリーを見かけることができます。
ワイヤーと水苔で作られた水苔トピアリーや、乾燥した苔で作られたモストピアリー、葉枝が細かい樹木を刈り込んだ刈り込み型トピアリー、針金で色々な形にしたフレームに植物を絡ませたトピアリーなど、様々です。

苔で作られたトピアリーには、うさぎや犬、くまなど、動物の形に作られたものが多く、かわいいペットといった感じですね。
アイビーやプミラなどを這わせたものもあるので、そういったものには定期的にお水をやりましょう。

ガーデニング用品のお店では、完成品が多く売られていますが、自分で作る手作りキッドもあります。
自分で作れば、愛着がわきますし、プレゼントしても喜ばれますね。
針金を動物やハート型などの色々な形にした2次元フレームに、アイビーやローズマリーなどの植物を絡ませたトピアリーは、植物が育っていくと、とても目をひくオブジェになります。

どのトピアリーも、お花を引き立たせ、ほとんど手間がかかりませんので、是非手作りトピアリーにも挑戦してみてください。

寄せ植えに必要な道具

花壇のお花も素敵ですが、コンテナ類を使ったお花の寄せ植えもまた素敵ですね。

お庭にお花は植えたことはあるけど、寄せ植えはまだしたことがないし難しそう、と思っている人や、ガーデニング初心者の人でも、寄せ植えはお花が好きな人なら誰でも簡単にできます。
季節の花を使い、華やかでお洒落な寄せ植えを作ってみませんか。

まず寄せ植えに必要な道具を揃えましょう。
ガーデニング用品店に行くと、色々な道具がありますので迷ってしまいますが、基本的な道具は、地植えの場合と同じです。
シャベルや剪定ばさみ、ジョウロ、土入れ、コンテナが必要です。

土入れは、鉢の周囲など、狭い部分に土を入れる時に使いますが、幅のせまいシャベルでも代用できます。

苗を植えるコンテナですが、ガーデニング用品を扱っているお店には、多くの素材やデザインがありますので、選ぶのも楽しいと思います。
初めての人にはローボウルがオススメです。
ローボウルというのは、丸型で、口が広くて浅い鉢のことで、草丈が低い草花とのバランスがとりやすいので、初心者でも扱いやすいと思います。

鉢底にはたいてい穴が開いていますので、土が出てこないように敷く、鉢底ネットか、果物や野菜などのネットで代用しましょう。

土は、培養土の他に鉢底に入れる鉢底土もあるとなお良いでしょう。
鉢底土とは、水はけを良くして根の張りを良くするために入れる土です。
 
異郷のものを用意すればすぐに寄せ植えができますので、まずは自分の好みの花を選んで、好きなように自由にデザインしてみてはいかがでしょうか。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。